万年筆の達人のお店 小野萬年筆

ブログ

2024/05/18
コラム

【ペリカン】M800 ブルー縞 細字直し

F」細字と言う事で入手され暫らく使っていたそうですが、やはり太くインク出も多くかなり使いづらく感じ、このままではストレスを感じるとの事で、自分の感覚に合うよう細字にしたいとの事での依頼です。

万年筆は工場から出荷される時は、インクが出る事は確認しますが、使用される個人の個性に合わせる事は出来ません、出荷時の調整のまま使えれば良いのですが必ずしもそれを使う人に合うとは限りません、昔は万年筆を購入するときはそれなりに詳しい親爺?がおりオーナーの感覚やら使い道やらなぜその万年筆が良いかなどあるいは気を付けるべき所などの話しをしながら、最も合うと思われるものをお勧めし、又その場で調整などして販売した物です、なぜなら万年筆は100%アナログですので、メーカでは個人に合わせて調整しての出荷は出来ません、これは本来販売店の仕事になります。 販売店ではオーナーの好み希望を聞き出し(ご自身気が付いてない所まで)いくつかの万年筆をプレゼンします、利き手を見てインク出・角度・捻り具合・普段使用する用紙などに合わせて調整してゆきます、この様に自分だけの一本になった万年筆は他に代えがたい筆記具になります、もうボールペンには戻れないと言うお客様が多くおられます。

日々販売、ペン先調整をしておりますと、なんと多くの人が我慢をして、あるいは書き味に妥協をしながら使っておられる事と思うことがあります。

当店にも万年筆は初めてでどの様な物を選んでよいかわからないと言うお客様が来店されます、そんな時はまずペンケースからカバンから出した時に「楽しい」と感じる万年筆を選でください、それをキッチリと調整する事で本当にあなたの一本になります、ですが此の調整はゴールではありません、これからより良いペン先を育てて行くスタートになります、スタートの時点でストレスを感じるようでは、何十年の付き合いは出来ません本当の一本にはなりません、他の筆記具と違い万年筆は少しだけ手間がかかります、その手間は当店が引き受けます。

 

IMG_46742調整前-1
IMG_4675調整前-1
IMG_4676調整前-2
IMG_4677調整前-3
IMG_4686調整後サンプル
IMG_4681調整後-1
IMG_4682調整後-2
IMG_4683調整後-3
IMG_4685調整後-5
2024/05/13
コラム

【モンブラン】万年筆 No,144 

首軸のネジ部分が樹脂タイプでペン先が14金一色である事から、約40年以前の発売当時のNo,144になります、ペン芯も発売当時の物で裏に筋の無いエボナイト製です、このエボナイトはゴムと硫黄の化合物で比較的経年変化があり劣化しますので今回の調整時にプラスティック製の新しいもに交換しました。

古いタイプにしてはかなり綺麗な状態でしたが、ペン先は一度どこかで調整されたのでしょうか?イリジュウムの腹の部分が研磨され過ぎで書き味が悪くザラツキとインク出が不安定でした。

自分以外の人が研磨したペン先の再調整は難しく、私のイメージした書き味にするのは難しいのもですそれでもザラツキとヒッカリが出ないように、カスレが出ないようにと何とか出来たのではないかと思います。

IMG_4634調整前-1
IMG_4635調整前-2
IMG_4636調整前-3
IMG_4637調整前-4
IMG_4657調整後サンプル
IMG_4651調整後-1
IMG_4652調整後-2
IMG_4654調整後-4
IMG_4655調整後-5
2024/05/01
コラム

【モンブラン】万年筆 No,146 ペン先・BB

ペンポイントBBの初筆切れと書き味とインク出の調整依頼です。

見積もりと各部分の異常の無いことを確認するために、まず分解しましたので調整前の分解写真のみになります。

少しのインク詰まりはありましたが、初筆切れの原因はインク詰まりではありませんでした、ペン先が特殊ペン先の「BBB(ブロード・ダブルブロード)」が所以の初筆切れと判断しました。

この様に書くとモンブランの「BBB」は欠陥かと思われるかもしれませんが決して欠陥でも不良でもありません、モンブランのB/BBはペン先が四角くくなっておりますこれによって縦線は太く横線は細く書けるようになっており、日本語の止めはね、はらいなどが楽しく表現する事が可能になり味のある文字を楽しく表現する事が出来ます、がペンをひねって持ちますとペンポイントの角が紙面に当たり一瞬キリ割が紙面から離れてしまいます、この瞬間初筆切れを起こすことがあります。

これは勿論調整は可能ですが、調整しすぎるとせっかくのBBBのペン先本来の個性を無くすことになりますので、ペン先の内向き外向きの角度/立てる・寝かせるの角度/筆圧などのオーナーの書き癖を見て、出来るだけモンブランの特殊ペン先の良さを残しながらの調整になります。

IMG_4608調整前-1
IMG_4609調整前-2
IMG_4610調整前-3
IMG_4617調整後サンプル
IMG_4619調整後-2
IMG_4620調整後-3
IMG_4621調整後-4
IMG_4622調整後-5
IMG_4623調整後-6
2024/04/27
コラム

【モンブラン】スターウオーカー・デュエ

インク出が不安定で出にくかったり、出すぎたりあるいは途中切れであったりと、特に横線が切れるとの事での調整依頼でした。

インク詰まりもありますがこれはさほどの事はありません、主な原因はイリジュウムの内側の研磨のし過ぎによる物でした、これは書き味(滑り)は良く感じるのですが時としてこのような症状が出てきます、きり割の内側を研磨しすぎると紙面に当たる部分に一瞬隙間が出来る事があります、この時にインク出不良になります。

これを調整するには、イリジュウムを再研磨しキリ割が常に紙面に当たるようにしなければなりませんが、決してイリジュウムに角度が付くような研磨をしてはいけません、時折このような研磨を見ますがこれではその角度に合った筆記角度でしか書けません、この角度から外れてしまうとザラツキや引っ掛かりの原因になります、又内側の研磨のし過ぎと言ってもごくわずかな物ですので、イリジュウムの形を変えるような研磨はするべきだはありません、あくまでもイリジュウムの形は変えない角は付けない、滑らかな研磨を心掛けなければインク出書き味共に満足の行くものになりません。
使い込んで良く内に付く角度は、そのオーナーの書き癖であり唯一無二の万年筆になります、これはオーナーにとって素晴らしい書き味の万年筆であり、決して人に貸してはいけません、書き癖はその人だけの個性であり自分以外の人とは同じではありません。

IMG_4613調整前-1
IMG_4614調整前-2
IMG_4615調整前-3
IMG_4625調整後サンプル
IMG_4626調整後-1
IMG_4627調整後-2
IMG_4629調整後-4
IMG_4630調整後-5
IMG_4632調整後-7
2024/04/23
コラム

【モンブラン】No,149 

今回は旧型 No,149の「B」ポイントの初筆切れとザラツキの調整になります。
見た目には問題無いように見えます、又店主が試筆した所も初筆切れはありませんでした、モンブランの「B」ポイントはペンポイントが角ばっておりますので、ペンの捻り具合とか傾け具合によってはかすれたり、インクが出なかったりあるいは引っ掛かりを感じたりする事はあります、これはペンが悪いとかオーナーが悪いとかではなく、書き癖(オーナーの個性)とペン先の調整が合ってないだけの事ですので、オーナーの個性に合わせてペン先を調整すれば快適にご使用いただける様になります。

調整しすぎるとせっかくのモンブラン「B」ポイントの特徴の縦が太く横線が細くのペン先の個性が無くなりますので、出来るだけモンブラン「B」ポイントの特徴を生かしながらの調整になります、このモンブラン「B」ポイントはかなり太字ですが、漢字などの止めはね払いなどの表現がし易く文字に表情があると言う人が多く、好むオーナがおられます。  今回は出来るだけこのモンブラン「B」ポイントの特徴を殺さないように、オーナーの手に合うように調整しました。

 

IMG_4283調整前-1
IMG_4284調整前-2
IMG_4285調整前-3
IMG_4325149調整後サンプル
IMG_4320調整後-1
IMG_4321調整後-2
IMG_4322調整後-3
IMG_4323調整後-4
IMG_4323調整後-4
2024/04/23
コラム

【モンブラン】No,144 ボルドー

モンブラン No,144 ボルドー旧型になります懐かしい色です、「M」では太くて細かい文字が書きにくいとの事で、出来るだけ細くしたいとの事です。

通常一ランク位の細字直しですが、出来るだけ細くとの希望でしたのでほゞほゞEFくらいに調整しました。

IMG_4305調整前-1
IMG_4306調整前-2
IMG_4307調整前-3
IMG_4308調整前-4
IMG_4338調整後サンプル
IMG_4332調整後-1
IMG_4333調整後-2
IMG_4334調整後-3
IMG_4336調整後-5
2024/04/02
コラム

【モンブラン】万年筆 No,146 ペン先細字直し

B」ポイントではが太くインク出も多くて細かい文字がつぶれてしまうので少し細くして欲しいとの依頼です。

あまり細いのもよくないとの事で、当店の試筆用のNo,146を色々と試して頂き「M」位が良いとの事で、此の位の太さで調整してほしいと決められました。

オーナーのき癖に沿って調整し、インク出も好みに合わせて調整しました。

出来るだけ、オーナーの好みと希望に沿って調整して店頭で仕上がりを確認していただいておりますが、ここ(店)での試筆とご自身の家で実際いつも通りに書いた場合ではまた違った感覚があります、新たな書き味の希望が出てきた場合は更に書き味を追求していただければ、出来るだけ希望に添えるように再調整します。

IMG_4460調整前-1
IMG_4463調整前-2
IMG_4464調整前-3
IMG_4465調整前-4
IMG_4547調整後-1
IMG_4548調整後-2
IMG_4549調整後-3
IMG_4550調整後-4
IMG_4551調整後-5
2024/03/27
コラム

【モンブラン】万年筆 No,149とN,1128

No,149

書き味が悪いのとインクが出ないとの事での修理依頼です。 これはインクの詰まりとペン先の締まり過ぎによるインク出不良でした、長い間使わずインクを入れたままになっておりましたので、インク詰まって(固まってしまった)しまいペン芯に詰まってしまいました、ペン先はキリ割がきつく締まっており筆圧を掛けないとペン先が開かなくなっておりましたので、オーバーホールと共にペン先締まりの調整、少しのザラツキヒッカリの調整で直りました。  これで快適にご使用いただける様になりました。

No,1128

旧型ノブレス(14金ペン先)の尻マークを取り付けてほしいとの依頼です。   このノブレスは製造中止になってから35年以上になります、ほとんどのノブレスは透明胴軸のカートリッジの差し込み口が破損しており、修理が出来ない物がほとんどですしたがってマークを取り付けてもペン先を直しても使用できない物が多く、相談された時点で修理をお断りすることが多いのですが、今回は珍しくこの透明胴軸が生きておりました、尻マークもたまたま手元にありましたので修理をお受けすることが出来ました。  ペン先が上下にズレておりましたのでペン先の直しをし書き味の調整・インク出調整で甦りました、これでまた長く使えるようになりました。

     

IMG_4497調整前-1
IMG_4498調整前-2
IMG_4540調整後サンプル149
IMG_4535調整後-1
IMG_4539調整後-2
IMG_4503調整前-1
IMG_4504調整前-2
IMG_4546調整後サンプル
IMG_4545調整後-2
2024/03/14
コラム

【ペリカン】万年筆 M400 緑縞

2021年初めにご購入いただいた、ペリカンM400緑ストライプのペン先細字直しの依頼です、お求め頂いた時(ペンポイントEF)にインク出を少なめに調整しておりました、それから三年は快適にご使用頂いておりましたが、最近細い罫線に書き込むことが多くなってきてEFでも太く感じるようになり細かい文字がつぶれて気になるとの事、もっと細くしたいとの思いで来店されました。

名前や住所をいくつか試し書きをしていただき、三年前の書き癖のカルテと比べ、希望の太さになるよう調整をして行きます。

EEFにしたからと言って、ザラ付いたり引っかかったりしては使い物になりません、どんなに細くしてもやはりサラサラとした気持ちの良い書き味でなければ、長く使っていただく事は出来ません、右利き左利き・筆圧・捻りの角度(ペン先が体の外を向くか内向くか)・縦ぎみか寝かせ気味か等を見極めて調整してゆきます。

書き癖に同じはありません10人いれば、100人いればその数だけ書き癖があります正解はありません、万年筆の理屈の範囲なら調整でどうにかなるものです。

この調整は当店でお買い上げ頂いた物ですので、当然無料の調整になります。

 

IMG_4489調整前-2
IMG_4490調整前-3
IMG_4491調整前-4
IMG_4492調整前-5
IMG_4534
IMG_4529
IMG_4530
IMG_4531
IMG_4533
2024/03/13
コラム

【モンブラン】万年筆 Sライン ブラック

Sライン 2118 黒のインク出不良になります。
このタイプはかなり旧型で約30数年前に製造中止になりました、外観はまだまだ綺麗ですエポキシ樹脂の塗装で大変堅牢で簡単には傷が付きません剥がれたりもしません、ですがペン先はスチールペン先になりますので長年の使用によりインクの酸で少し腐食があります。
インク出不良の原因はこの腐食ではなくインク詰まりとペン先のズレでしたので、オーバーホールとペン先直しでご使用いただけるようになります、幸いなことにカートリッジを差し込む透明同胴軸は損傷しておりませんので、キッチリと手入れすれば再生出来ます。
インク詰まりは見た目以上に詰まりがひどい物でした、又旧型ですので交換用の部品は全くありません、経年で劣化している可能性がありますのでとにかく丁寧に取り扱わなければ、破損する可能性があります壊れたらその時点で修理不可になります、ドイツのモンブラン本社に出しても修理不可で返却されますので、時間を掛けてゆっくりと仕上げてゆきます、幸い何処も破損することなく修理完了となりまた元の様に快適に書けるようになりました。
IMG_4480調整前-1
IMG_4481調整前-2
IMG_4482調整前-3
IMG_4483調整前-4
IMG_4528調整後サンプル
IMG_4524調整後-1
IMG_4525調整後-2
IMG_4526調整後-3
IMG_4527調整後-4
1 2 3 4 5

Page Top